福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
連日、多くの「お問い合わせ」「ご依頼」を頂いております。現在、たくみ探偵興信所では「福岡本社」をはじめ「熊本支社」「広島支社」を展開し、全国どこでも同一料金で調査を承っております。また、海外での調査もあわせて承っております。お客様が一番心配な「調査費用」の部分や「〇〇に強い弁護士を紹介してほしい」などのご要望にもお応えすることが可能でございます。ご相談の際の「相談料」および「出張料」などは無料ですので、お気軽に「フリーダイヤルにお電話」「右下部のチャットの吹き出し」「LINE」などでお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

探偵の尾行張り込みはなぜ適法なのか

2016-11-15

探偵の調査が違法性が問われる場合

探偵の調査は違法ではないかという指摘をされることがあります。

まず「尾行」「張り込み」ですが、探偵業法第二条に「探偵業務」の定義がされており、他人の依頼を受けて「尾行」「張り込み」などを用いて調査を行い、その結果を報告する業務が「探偵業務」である、と記載されているのです。

つまり、探偵が正式に依頼者から依頼を受けた場合、尾行・張り込みをしても違法にはならないのです。

ただし、同法第6条に他人の平穏を害することのないようにしなければならないと記載されているので、対象者に恐怖や不安・不快感を与えるような尾行・張り込みはしてはなりません。

ちなみに探偵でない人が尾行・張り込みを行うと、それぞれ、つきまとい(尾行)・監視行為(張り込み)等、各自治体の迷惑防止条例違反に該当する可能性が高くなります。

また、そこに「夫婦」や「交際相手」または「片思いの相手」等の恋愛感情が絡んだ場合、ストーカー規制法に該当する場合があります。

ですので、探偵でも正式な依頼を受けていない場合はこれらの法律に該当する可能性があると言うことです。

また、恋愛感情を動機とするつきまといや監視行為は、いわゆるストーカー行為であり、ストーカー行為規制法違反となりますが、探偵が依頼を受けて調査を行うことはストーカーの定義から外れるので、同法違反とはなりません。

適切な依頼方法

浮気調査や素行調査等、尾行張り込みを伴う調査を依頼される場合には、上記に記載の通り、依頼者からの適法な依頼を元に各種法令の定めから除外されます。

それでは、適切かつ適正な依頼方法とはどの様な方法になるのでしょうか?

まず、依頼者の人定事項つまり「住所氏名」が明らかにできない方からの依頼はお受けできません。

また、尾行張り込みを行うに当たって、「まったく関係のない方」からの依頼はお受けできません。

さらに、「契約条項」のご説明と「重要事項のご説明」を面前で行う必要がございます。

また、説明を行う場所は「依頼者の自宅」または「探偵業者の事務所」のいずれかで行うものと定められております。

いずれかの場所にてご相談を承れる「ご予定を合わせること」が出来なければなりません。

つまり、「面前での相談」が可能で、「人定事項を明らか」に出来、かつ、「対象者と親族・家族・従業員等の関係がある人物」である必要がございます。

まずは、この事項を確認の上、「全てに該当すること」をご確認の上、福岡のたくみ探偵興信所にご相談ください。

福岡で調査を依頼するなら

たくみ探偵興信所なら、元刑事をはじめとして司法経験者が多く在籍するだけでなく、相談担当者・カウンセラーから調査員まで、全てが「行政書士や司法書士等」の有資格者で構成されております。

それぞれが、自己研鑚を重ね新しく正しい知識を重ねつつ、警察等関係機関との連携を密にすることで、不正な調査を排除し、真にお困りのお客様のみをお助けできるよう、万全の態勢を配しております。

福岡のみでなく、佐賀・長崎・熊本をはじめとした九州各県で「浮気調査」をはじめとした、各種調査依頼をご希望の方は、たくみ探偵興信所にご相談ください。

ご予算に合わせた調査の策定のみでなく、LINE等を活用した「調査日以外における各種相談」にもリアルタイムに応対しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所