福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
連日、多くの「お問い合わせ」「ご依頼」を頂いております。現在、たくみ探偵興信所では「福岡本社」をはじめ「熊本支社」「広島支社」を展開し、全国どこでも同一料金で調査を承っております。また、海外での調査もあわせて承っております。お客様が一番心配な「調査費用」の部分や「〇〇に強い弁護士を紹介してほしい」などのご要望にもお応えすることが可能でございます。ご相談の際の「相談料」および「出張料」などは無料ですので、お気軽に「フリーダイヤルにお電話」「右下部のチャットの吹き出し」「LINE」などでお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

浮気調査の「調査時間と調査料金の策定方法」(参考事例)

2018-12-09

弊社たくみ探偵興信所の調査料金は「浮気調査」は「〇〇〇万円」といった包括契約では無く、「タイムチャージ制度」を導入しております。

それは、「包括的な契約」はどうしても「業者主導」になりがちで、依頼者には「なぜ、この料金になったのか」がいちまち伝わりにくい事が多いためです。

また、「期間を長く設定した」ように「見せかけての契約」も可能となるため、「実働の期間」と「実働していない期間」の境目も曖昧になりやすくなります。

また、弊社は代表者が「元長崎県警警察本部刑事第一課」の刑事であったことを踏まえ、「探偵業の監督官庁である公安委員会」として「違法な探偵業者」や「依頼者側からの被害相談」を受けてきた経験を踏まえ「消費者センターや公安委員会」にもっと多く寄せられた相談・苦情の実情をもとに「料金の算出方法」をお取り決めしております。

難しい言葉を並べましたが、要するに「お客様にわかりやすい」「お客様が調査料金を決定できる」というのが、たくみ探偵興信所の「調査料金の決め方」でございます。

なお、タイムチャージ制は、多くの弁護士法人(個人事務所は別)も取り入れていらっしゃる制度ですので、法曹界も「〇〇なら〇〇円」という包括的な設定は避けているという事がよくわかります。

今回は、「調査料金の算出方法」についてお話させて頂きます。

「タイムチャージ制度」とは

時間毎に費用が掛かるという意味でございます。

つまり、「1時間あたりの単価」を取り決め、それに「何時間調査」をお考えかで料金が決まるということになります。

つまり、お客様の「対象者の行動や予定」等の状況に応じて「調査料金が変動」致します。

では、単価はどの様に決めるのかについてお話させて頂きます。

まず考えないといけないのは、「調査員は何名必要か」と「調査車両の使用の有無」についてになります。

弊社HPに記載している通り「調査員1名」「車両1台」も各々「1時間当たりの費用が7800円」となります。

例えば、調査に「調査員2名車両1台」が必要となると「7800円×3(2名+1台=3)=23,400円」が単価となります。

あとは、「調査時間はどれくらい必要なのか?」を考えなければなりません。

この部分に関しましては、お客様の状況によって、変動の幅は広いのが実情です。
変動の幅が広い理由として「証拠を撮った後のお客様の意向」が大きく関わるからです。

ですので、過去の弊社のお客様の一般的に「配偶者」および「浮気相手」に慰謝料請求をした方の「平均調査時間」を算出すると

単価は「調査員2~3名」「車両1~2台」1回の調査時間は「5~6時間」の「4~5回」行う。

つまり、合計20時間~30時間が相場になっています。

①なぜ、1回の調査が5~6時間なのか?

一般的に結婚している方の浮気は、仕事帰りが多く、宿泊はしない事例が多いです。
つまり、仕事終わりから逢瀬を重ねて自宅に帰宅するのが5~6時間が平均となっています。

また、不貞行為の法的な立証で大事なのが「ラブホテル」や「性行為」が行われたと強く推認できる「密室」に一般的に「2時間」以上の滞在の確認が必要になります。

時間軸は変動はありますが、例を挙げると
18:00に会社を退社
18:30に浮気相手と合流
19:00~20:00食事ないしはデート
20:30~23:00ホテル
その後、浮気相手の自宅を特定調査に移行するので大まかに24:00前後に調査終了となることが多いです。ここまでで5~6時間調査になります。
(相手の自宅が判明しない事には、慰謝料請求が出来ません)

 

②なぜ、複数回必要なのか?

不貞行為は1回でも「不貞行為」にはなります。
しかし、大抵のお客様は「慰謝料請求」を見据えて、調査を行います。この「慰謝料請求」で必要なことは「継続的」「性的関係」を証明しないといけないといった判例が出ており、つまり、複数回は「ラブホテル」など「性的関係」が推認出来る証拠を撮る事必要だからなのです。

よって、①の調査を複数回行う必要性があります。
複数回確認出来た場合は、残調査分を使用し、「浮気相手」の職場特定調査を行う手筈となります。

宿泊を伴う浮気調査の場合は、残時間で保有している「5~6時間」の調査枠を調査延長に充て「1回の調査」を「10時間~12時間」にして、それを2回証拠を撮り、「不貞行為」の立証を致します。

宿泊を伴う調査は、
継続調査となりお客様から費用の問題から継続調査ではなく「中抜け」調査のご要望が多いですが

例:)浮気相手の家に午後22:00に入った。次の日は午前7時には出社しなければならないので、午前6時には浮気相手の家を出るだろうから午前5時30分から調査を開始して欲しい

継続調査が望ましいです。理由に関しましては次回のブログに記載致します。

夫婦・恋人の数だけ依頼の種類は様々でございます。
一概には申し上げる事は出来ませんが、上記に記載した調査時間が平均的かと存じます。

浮気にお悩みでしたら、
「たくみ探偵興信所 福岡本社」までお問い合わせください。
フリーダイヤル・LINE・チャットで24時間ご対応致します。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所