福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
連日、多くの「お問い合わせ」「ご依頼」を頂いております。現在、たくみ探偵興信所では「福岡本社」をはじめ「熊本支社」「広島支社」を展開し、全国どこでも同一料金で調査を承っております。また、海外での調査もあわせて承っております。お客様が一番心配な「調査費用」の部分や「〇〇に強い弁護士を紹介してほしい」などのご要望にもお応えすることが可能でございます。ご相談の際の「相談料」および「出張料」などは無料ですので、お気軽に「フリーダイヤルにお電話」「右下部のチャットの吹き出し」「LINE」などでお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

自分で行う浮気調査の注意点

2016-01-23

-shared-img-thumb-TSU93_M023764_TP_V

浮気の解釈

一重に浮気といっても様々なものがあります。

プラトニック(純粋に精神的な)関係、風俗店への出入り、そして特定相手との不貞行為。

その中でも法律的に浮気とされないものがあります。

「浮気」とは大きく分けて “一般的な認識”と“法律的な認識” と、2つあり

その2つは全くの別物で、一般的な認識はずれているようです。

一般的に「それは100%浮気だ!」となるようなことでも、実は民法上では浮気とハッキリ規定する基準はないのです。

ただ、「浮気」というのも、裁判の判例によって法律上の境界線はできています。

無論、私どもはこの「民法上」での認識で調査致します。

浮気の具体例

例えば一概に浮気相手と2人きりでいたところや、手をつないでいたり、キスをしているところを目撃、記録に収めたとしても、これは一般的な認識では「浮気」とされますが

民法上では「浮気」とみなすことができず、その先の慰謝料の請求などは難しくなります。

また、この業界で一般の方がパートナーの浮気調査の際、陥り易い失敗例は不思議と偏っています。

浮気調査の失敗例

①一般的な「浮気」の認識でご自身が浮気の調査を行った結果、パートナーや浮気相手に気付かれてしまい、証拠がとれぬまま、浮気相手に慰謝料を請求するも証拠不十分により慰謝料を得ることができないケース

②ご自身である程度証拠を得ることができたが、自分自身を守る外堀を固めておくことが不十分でパートナーや浮気相手が逆上してしまい、自宅や勤務先に押し掛けられ復讐されてしまったケース

③苦労してご自身で証拠を集めたとしても「民法上」で浮気と定めるため証拠が少なく、無駄骨になってしまったケース

と、一般の認識で調査を行うと結果に繋がりづらかったりご自身の身体や社会的地位に危険が及ぶ可能性が高い可能性であるのです。

その様な犯す必要のないリスクの橋を渡るより、的確且つ最短距離での問題解決をおススメ致します。

*福岡、北九州、熊本、広島を中心に多くの地域のお客様の浮気調査を担当させていただいております。

そのほかの地域に関しましても、浮気調査であれば「相談無料」で承っております。

浮気でお困りの方やどうしたら良いかわからない方、お気軽に「ご相談」ください。

お電話メールでも承っております。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所