福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
弊社は「明倫国際法律事務所」を始め「各地の法律事務所」と連携し、代表者の「捜査一課刑事」としての実績を基に、お客様一人一人に安心してご依頼頂けるよう日々努めております。「福岡本社」では「福岡県・長崎県・佐賀県・大分県」のご依頼でしたら、「基本料金は無料」で「調査費用のみ」の料金で調査をご利用頂けます。費用が心配なお客様もお気軽にお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

福岡本社におけるストーカー調査依頼の増加

2018-03-26

弊社福岡本社には、浮気調査・素行調査・企業様従業員素行調査・盗聴・盗撮調査等々行なっていますが、数年前から急激に依頼が増加している案件が「ストーカー判明調査」になります。

まず、大きく関係する「ストーカー規制法」の説明を致します。
2000年に施行された法律です。しかし、当時の法律では、警察がストーカーを事件化し、捜査する事が多くありませんでした。つまり、実被害が無いと動かなかったと言っても過言ではない状況でした。

その中ご存知の方も多いかと存じますが2012年「逗子ストーカー殺人事件」2016年「小金井ストーカー殺人未遂事件」などの事件により罰則強化(メール・SNSなどもつきまといと認定されるようになる)

また、大きく変わった事は、これまでは警察が加害者に警告してもストーカー行為が続いた場合に限って禁止命令(付きまとい等々嫌がる行為を禁じる・接見禁止等)を出していましたが、緊急性が高い場合などは警告を経ずに命令を出すことが可能になり、事件化になる事が増加してきました。
しかし、警察を動かすには、ストーカーしている人物をある程度特定してから相談しないと現実問題として難儀です。

弊社にストーカー被害でご相談に来られる依頼者の
⓵7割は相手が判明していない方達です。
そのような場合、ストーカーの判明方法は、我々が依頼者の方と行く場所の段取りを予め決め、依頼者を追尾致します。
例えば
「キャナルシティでウインドウショッピングをして天神地下街でもウインドウショッピング、途中コンビニに寄りその後食事をして貰う」
この動きを共有して依頼者を少し離れて追尾すると、ストーカーがいる場合は複数回の場所で不審者の姿を確認することが出来るのです。

残り
⓶3割の方は思い当たる人物がいたとしても、その人物をいきなり素行調査することは依頼者がストーカーだと断定していたとしても、客観的証拠が無い為、法律上いきなりその人物を対象者にして調査することは逆にこちらが「ストーカー規制法」に抵触する危険性があるので出来ません。
こちらも、先述の調査方法からストーカーを特定致します。

⓵⓶の場合でストーカー行為をしている人物が特定出来ましたら、そこから相手の素行調査を行う事ができます。
つまり、依頼者につきまとうストーカーによる付きまといが証明出来た上で、尚且つ依頼者の方が被害者と強く推定できれば直接ストーカーをしている人物を調査対象者と出来るのです。

ストーカー被害というものは、浮気調査等と大きく違う点がございます。
それは、「命」が関わる事です。度々目にする「ストーカーによる殺人事件」二度と、同じ様な悲惨な事件を起こしてはいけません。
警察も今は、歴然とする証拠があれば動かないといけない状況です。
「命」を守る為、もしこういったお悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、「たくみ探偵興信所」までご連絡ください。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所