福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
弊社は「明倫国際法律事務所」を始め「各地の法律事務所」と連携し、代表者の「捜査一課刑事」としての実績を基に、お客様一人一人に安心してご依頼頂けるよう日々努めております。「福岡本社」では「福岡県・長崎県・佐賀県・大分県」のご依頼でしたら、「基本料金は無料」で「調査費用のみ」の料金で調査をご利用頂けます。費用が心配なお客様もお気軽にお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

探偵の資格=探偵に良くある質問=

2017-08-15

ご相談やご依頼の際に、お客様から良く聞く質問に「探偵ってどんな資格があれば出来るのか」と聞かれることがあります。

探偵は、「弁護士」の様に司法試験合格等の資格も必要とせず、また、「司法書士や行政書士」の様な資格試験もありません。

また、警察官のように合格して初めて入校できる「警察学校」の様なものも存在しません。

あくまでも、「探偵業の業務の適正化にかかる法律」(以下、「探偵業法」)に定められている「都道府県公安委員会に届け出」(探偵業法第4条)をする義務があるのみで、「欠格自由」(探偵業法第3条)に該当しない限りは、誰にでも営むことが出来ます。

ですから、まず「〇〇探偵学校卒業」や、そもそも「探偵歴〇年」等は何の当てにもならならという事になります。

日本の法制度を厳格に守るならば、「警察もしくは公安調査庁、またはそれに準じる組織」以上に「人の所在」を明らかにし、また、「尾行張り込みの素養」を育成できる機関は皆無です。

違法な方法を用いれば、もちろん出来ることもあるかと思います。

しかし、こと「人に話たくない悩みごと」を伺い、それについて調べ上げ、証拠を使う算段になった時に違法行為が発覚すれば、いくらきちんとした証拠だったとしても「違法収集証拠」として「証拠能力を否定」されます。

それが、探偵に依頼されているのであれば、「お金をかけていながら証拠にならないものを掴んだ」ということになるのです。

ですから、今でも探偵は「暗い・怪しい・騙されそう」という印象がつきまとっているのです。

たくみ探偵興信所は、HPにもございますとおり、元刑事が代表者として立ち上げ、様々な公的機関ならびに弁護士との協力の元、「証拠として採用される証拠」を「想定される慰謝料」等を超過しない調査費用を設定し、依頼者に無理のない調査を実現しています。

福岡で浮気調査や素行調査等の「尾行張り込み」を伴う調査をお考えであれば、出自が明らかで「尾行張り込み」に関する公的なエキスパートが在籍するたくみ探偵興信所にご相談ください。

ご予算に合わせた調査の策定のみでなく、LINE等を活用した「調査日以外における各種相談」にもリアルタイムに応対しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所