福岡の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
連日、多くの「お問い合わせ」「ご依頼」を頂いております。現在、たくみ探偵興信所では「福岡本社」をはじめ「熊本支社」「広島支社」を展開し、全国どこでも同一料金で調査を承っております。また、海外での調査もあわせて承っております。お客様が一番心配な「調査費用」の部分や「〇〇に強い弁護士を紹介してほしい」などのご要望にもお応えすることが可能でございます。ご相談の際の「相談料」および「出張料」などは無料ですので、お気軽に「フリーダイヤルにお電話」「右下部のチャットの吹き出し」「LINE」などでお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

不倫されている側が不利になる事実

2017-01-13

この投稿のタイトルをご覧になって「なんで?」となる方が大半だと思います。

しかし、実際にそのような事案が数多く上がっているのも事実です。

その理由を単刀直入に言うと「行動をするのが遅かった」ということです。

大切に想っていた人生の伴侶に不倫をされていたら、大半の人はショックで何も手につかなくなります。

それに加え、「相手を信じたい気持ち」「確信するのが怖い」など一人で悶々する事が人間必ず起きます。

また、どこか「不倫をされている側」の自分が立場的に危ぶまれることはない。と潜在的に思い込んでしまっている方々が非常に多いのです。

そこが落とし穴なのです。

ちなみに「浮気・不倫」の証拠として依頼者様から挙げられるもので一番多いものが

「メール・LINEのやり取り」です。また、発覚した原因も同じです。

ただ、この「メール・LINEのやり取り」は法律の世界からすると「決定的な証拠として扱われない」

という事実が判例(過去の裁判の判決)では数多くあります。

また、既に配偶者は不倫相手と今後の人生を共にするために「離婚」に向けて計画を立てているケースが本当に多くあります。

その場合、「不倫発覚」が一つのきっかけとなり、なんと相手側から「離婚」を申し立てられることもあるのです。

「協議離婚」で相手側も条件を飲んでくれるなら丸く収まりますが、証拠不十分で「離婚調停」や「離婚裁判」まで発展した場合は、「不倫をされた側」が不利な判決を言い渡される事でしょう。

「メールのやり取り」

「街を手を繋いで歩いていた」

「公園で抱き合っていた」

など目撃した場合、世間では「不倫・浮気」と判断しますが、法律の世界では、それだけで認められることは非常に少ないのです。

「じゃあ、どうするべきか」

答えは簡単です。悶々とされたい気持ちは痛いほどわかります。

ただ、ご自身の未来のために一秒でも早く「弁護士」「探偵会社」などの専門分野のスペシャリストに話を聞くことです。

ただ、弁護士の先生の場合、「証拠不十分」と判断した場合、「探偵会社に証拠を取ってもらえるよう依頼してくれ」と仰られることがほとんどです。

その場合は、元刑事が創設した、たくみ探偵興信所の「無料相談」にてお話をお聞かせ下さいませ。

前記の話をさらに掘り下げてご説明などさせて頂ければ幸いです。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所